小笠原父島旅行者による、これから初めて小笠原父島に来る人の為の旅行手記(メモ)と父島独特の釣りである「泳ぎ釣り」にはまった記録。

ダイビング

小笠原父島でのダイビング

→父島の口コミで人気のシュノーケルツアー(クリック!)

小笠原父島でのダイビングについてご案内します。

父島はダイビングの盛んな島です。私がダイビングのライセンスをとったのも父島でした。沖縄やハワイ島などをダイビングしにいきましたが、やはり私は父島が面白いと思いました。

小笠原父島でのダイビングの魅力。ダイビングショップはどこがよいかについて、お知らせします。

父島の主なダイビングショップ

このページでは以下のダイビングショップについて、解説しています。

小笠原父島のダイビングの特徴

小笠原父島は海に入らないともったいないです。海に入らずに父島から帰るのは、世界の半分を見ないで帰って来たようなものだと私は思います。

父島は海の地形が変化に富んでおり、魚影が濃いです。

父島、たこ岩というポイント。地形が変化に富んでいる。

小笠原は太平洋の真ん中にあるため、水の流れが比較的速く、透明度がよいです。」

また、大物とよばれる、マグロ、サメなどもおり、

父島北部、ケータ島のイソマグロの群れ

場合によってはイルカやクジラと遭遇することもあります。

ダイビング中に出会ったざとうくじら。これは隣の母島での撮影されたもの

イソマグロやマンタ、それからマダラトビエイなどは比較的によくみられますが、ダイビング中にくじらと遭遇することは極、稀です。

くじらは、父島よりも母島で出会うことが多いようです。

父島でライセンスをダイビングライセンスをとる

私は父島でライセンスをとりました。3日ぐらいの講習で、79800円でした。この料金は割高です。おそらく世界で一番、高いと思います。もっと安いところはたくさんあるし、伊豆や沖縄あたりだと旅費込みでもこれ以下の料金になってしまうことがあります。

しかし、私はここでライセンスをとってよかったと思います。理由は最初に入る海の印象が透明で青くて、命に満ち溢れていたこと。ダイビングが本当に好きになりました。

それから、インストラクターさんがとても丁寧で親切だったこと。そのときはパパスというダイビングショップを使ったのですが、このときの女性のインストラクターさんが本当に丁寧な方で、今でも感謝しています。

父島のダイビングは中級者以上向け

父島は流れが速いポイントが多く、初心者には難しいと言われています。私は最初から難易度激高の閂ロックというポイントを潜ったりしましたが、通常は30本以上の経験がないと潜らせてもらえないダイビングショップが多いようです。

小笠原ダイビングについての質問と解答

質問サイトでは、小笠原について、以下の質問と回答がありました。

目次

必要な情報は見つかりましたか?

必要な情報は見つかりましたか?
見つからない場合は、このサイト内を検索してみてください。
検索例:
父島 フェリー
父島 宿泊
父島 インターネット

小笠原に行ったときの旅行記を中心に、小笠原の近況、イベント情報をメルマガでお知らせしています。ご興味がおありの方は登録ください。

無料メルマガ『小笠原父島:求人・賃貸・イベント情報』

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※

powered by Quick Homepage Maker 4.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional